革靴を激安でしかも騙されずに買う方法5選

簡単に自己紹介します
私は、靴メーカーの二代目です。先代が靴底加工を初めてから既に半世紀が経過し、自分もこの仕事に携わって四半世紀が経ちました。その知識と経験を多くの方へお伝えしたくこの記事をアップしていますのでお役に立てれば幸いです。
イメージ画像
  1. 東京都台東区の玉姫稲荷神社(年2回)で開催される靴市
  2. メーカー(問屋)さんが独自(数社集まって)に開催するファミリーセール
  3. 街のShopさん店頭の見切り品、アウトレットモール店頭の見切り品
  4. 靴販売Webサイト(メーカー直販のHP)の見切り品
  5. 靴が安く買える店。などのキーワードでググッてはいけない
  6. 以上です

解説しますので少しだけお時間ください。

方法1:玉姫稲荷神社(年2回開催)で買う

もう欲しいブランド以外の靴は街のShopじゃ買えません。出店業者数、出品足数規模では日本一ではないでしょうか。支払の際に購入業者がわかるカードを渡してもらえるので、万が一の際にもしっかり対応していただけとても安心です。 まとめ買いなどの割引特典を設けている業者さんもありますので、元々激安価格なのに更なる割引も???
デメリットは常設でないのと東京近郊の方しか買えない。
※参考になるWebサイトがないので玉姫稲荷神社 靴市で検索してください。
嫌味ですが、ホームページすら作っていないのも経費を掛けていない(激安な訳)証拠ではないでしょうか?(笑)。

方法2:メーカー、問屋さんが開催するファミリーセール

間違えなく安いし製品も安心して購入できる。そもそも騙して売ることはしない。「少々難あり」と告知する。得意先の関係であまり広告などは出来ずDMなどで告知するのでほぼシークレット開催。
デメリットは方法1と同じ、広報できないのであまり知られていない。

方法3:街のShop、アウトレットモールの見切り品

間違えなく安いし製品も安心して購入できる。「少々難あり」の商品すらそもそも存在しない。見切りコーナーに並ぶのは癖のあるデザインやサイズが限定されている。
デメリットは靴に合わせて買う必要がある。欲しい靴ではなくフィッテングして問題がない靴しか買えない。

 

方法4:靴販売Webサイトの見切り品

理由は方法2と同じで騙して販売はしない。
 

方法5:キーワード検索

広告が上位にうじゃうじゃ掲載されるので、このサイトのような真実を書いたページにはなかなか辿り着けない。
少しも安くもないのに金の力(広告料)で検索上位に上げさせるあのShopさんやあのShopさん。
検索を否定はしませんが検索サイトを複数ページ読み込んでください。

おまけ:「ちゃんとした革靴を激安でしかも騙されずに買う方法」の記事を書きましたが、お金と時間に余裕がある方は百貨店さんでの購入を強くお勧めします。価格が高いのはそれなりのサービス(接客、シューフィッターによるフィッテング、購入後のケア等)が付加されているからです。

お金はあるけど、たまには独り飲みに行ったり、ちょっと豪華なランチを食べたいな〜
平日は遅くまで仕事だし、休日は家族サービスや自分の為に時間に使いたい。
という方は、革靴専門店「靴のエコー」でお買い求めください。安心のサイズ交換無料!
しかも全国送料無料です。

【令和2年7月2日更新】